ZEN LIFE

寺生活のあれやこれや。日々の暮らし

4月伝道掲示板

f:id:obousann:20220331064222j:plain

いつも掲示板に書く言葉を選ぶ事には気を遣うのだ。

あちこちに目を配って良い言葉があれば控えておくのだが、ちょっと気を抜くとそういう作業から遠ざかってしまうこともしばしば見受けられる。日々勉強すべきだと心に誓うのだが、すぐに忘れてしまうのだ。

一盲衆盲を引く

新型コロナウィルスはもう恐れる必要は無いのではなかろうか。専門家がもうオミクロン株ウイルス特有の性質に合わせた対応をすべきだと提言したにも拘わらず、行政側、都道府県知事の意向によって行動制限を行うなどの蔓延防止法などを発令し、さらにマスコミは、自分たちの都合のいいように発言する行政の言いなりになっている医療関係者によって、手のひらを返したような発言を繰り返して行うのを見るとうんざりしてしまう。

これじゃあ共産党主導の中国と同じではないだろうか。行政の意向によって専門家の提言が受け入れられないのであれば専門家会議などなくてもいいぐらいに思ってるんじゃなかろうか。まさに行政の傲慢であろう。それに気付かない私らもどうかしている。

正直、これ以上の自粛はもう必要ない。でも周りの目があるから取り合えず自粛しとけば問題ないからなんて思ってるといつまでもグズグズ引きずるだけであろう。

坐禅会は徐々に元に戻している。周りに影響があるものはそれなりに状況を見てやっていけば良いだけの話なので、大袈裟に考えず悠々と日々を過ごしてゆきたいものだ

 

謹賀新年 令和四年元旦

f:id:obousann:20220101101736j:plain

令和4年元旦写真

本年も宜しくお願いいたします

 

ということで年が改まった。昨年は怪我や思いもよらない事態、悪疫の蔓延等で振り回された。それとは反面、十月には平林寺江楓老師の妙心寺歴住開堂に荷担する機会を得た。昭和に改まったころ、およそ一〇〇年も前に平林寺峯尾大休老師が妙心寺管長として住山された折、是照院の先々代宗春和尚が侍者として本山に常勤していた経緯もあり、巡り合わせもあったのであろう。一週間のお勤めであったが貴重な体験をさせていただいた。今年は特に目新しい行事は無いが、コロナ禍で休んでいた行事が徐々に復活しているのでコロナ禍以前の状況に戻っていけば良いと思う。踏まれても草木は花を咲かせるものだから何も心配することはない。

吉縁会を再開

2年ぶりに吉縁会を再開。3部構成で夜の部もはじめて開催する。

今後も平日の夜開催も視野に入れてみたい。

それにしてもお日柄も良く、最高の仕切り直しになったと思う。

新システムのトラブルもなく、アクリル板のおかげで話がしにくい状況にはなってしまったが、逆にお互いが近くなったのも事実。

良し悪しは分かれるが、この件は良しとしたいと思う。

何はともあれ再開できて一安心である。

坐禅会を再開

ようやく世間が落ち着いてきたので11月6日より再開することにした。

撮影機材が揃い、安定的にyoutubeで配信出来る状況になったのだが、やはり坐禅は現場が一番である。独特の空気感もその場に居合わせてみなくてはわからないのである。

大勢いるところを実況するのも考えてはみたが、当分は茶礼無しの坐禅会を行うつもりだ。新しい方の受付はするけれども、人数が多いようだとお断りすることもありうる。

 私の足の具合もあまりよくないので2シュで終わることにする。当面は様子をみることにするのでそのあたりよろしくお願いする。

久しぶりに割りと驚いた

東日本大震災時の揺れに近い程度の大きさだったが、皆様は如何だっただろうか。

東京が揺れると大きな報道になるのはちょっと騒ぎすぎである。

流石に電車が止まってしまったので、出かけている娘が都内まで来ていたので迎えに出た。夜の運転は久しぶりだなどと悠長なことを言ってられないが、たまたま駅で停車中に揺れたのでホームに出られたらしく、これが走行中だったら大変であっただろうと想像される。

 

菅総理

お寺の和尚が政治についてモノを言うことはしてはならないのだけど

突然の次期総裁選への立候補を取り下げたことについて、世間ではここぞとばかり批判ばかりしているが、それってどうよって思う。官房長官のころは総理の代弁者として大活躍だったのに、自分が総理大臣になってみたらどうも自分の言葉で話すことが上手くないのが今回色んなところから足を引っ張られる原因になってしまったのがとても残念だ。東京オリンピックの開催、携帯電話料金の引き下げ、デジタル庁の新設、コロナワクチン接種の推進について大変な功績があったにもかかわらず、野党のみならず自民党内部からも叩かれ、孤立させられてしまったのは如何にも気の毒である。実は実務能力が高く、成果もこれから表に出てくるといった矢先にこの仕打ちでは総理ご本人は如何にもやりきれないのではないだろうか。次の総理がどの方になるかは判らないが、最初は口当たりが良いけど一年後今の菅総理ほどの仕事が出来ているかどうかをしっかり見るべきであろう。そのうえで菅総理は再評価されるだろう。